エキスパンションバルブ・ドライヤー
  • 修理・整備

  • エキスパンションバルブ・ドライヤー

  • 中古車アフター保証
  •  

  • エスプリオートブログ
  •  

  • facebook
  •  

  • メンテック MENTEC エンジンパーフェクトクリーニング
  •  

  • ビルシュタイン BILSTEIN B4
  •  

BMWパーツショッピングサイト
カートでのご注文はこちら
ご注文用紙
お取扱い商品

ブレーキパット・ブレーキディスクローター・ビルシュタインショックアブソーバー・サスペンション・アッパーマウント(アッパーサポート)・エンジンマウント・AT・ミッションマウント・ボンネットダンパーバッテリー・プラグコード・デスビキャップ(ローター)・イグニションコイル・セルモーター・FAN/

本国直輸入 国内欠品パーツもドイツ本国よりお取り寄せいたします。
在庫多数 即納可能 ストックパーツ
  • 格安パーツ
  • 純正OEMパーツ
  • オススメパーツ
超越した整備
BMW 電装系修理
E60 エキスパンションバルブ・ドライヤー

エアコン作動して最初は冷えるが、直ぐに冷えなくなる症状です。
マニホールドゲージで確認すると、高圧が高く低圧が極端に低い為、
配管の詰まりだと断定し、エキスパンションバルブとレシーバードライヤー(レシーバータンク・リキッドタンク)を交換いたします。
エキパンは、ダッシュパネルの右側にあり、低圧ホースを辿ってパネルを取り外して脱着します。

E60のドライヤーは、コンデンサー内部に組み込まれており、引き抜いて交換します。
レシーバードライヤーとは、内部に乾燥剤が入っており、液体とガスを分離して、水分(湿気)・ゴミ除去の役割をしております。
ドライヤーが正常に機能していれば、エキパンやエバポレーターなどが詰まることはございません。

真空引きガスチャージを行います。
エンジン停止して、真空ポンプでラインを真空状態にしてから15分以上放置、漏れがないことを確認してからガスを充填します。
真空引きガスチャージをすることで、余分な水分を除去して、高密度のガスを充填することで「良く冷えるエアコン」になります。

TEL : 042-569-3993  メールでのお問い合わせはこちら