整備事例

エスプリオートではお客様の要望に対して提案・アドバイスを行い、ご予算に応じた整備を行います。
豊富な部品在庫・最新テスターを駆使して
「超越した整備」を施しますので安心してお任せください。

BMW エンジン系

E87 E82 E90 E91 E92 E93 LCI N43 N53 N54 N55 直噴エンジン インジェクター交換

エンジン警告灯、エンジンブレ、エンジンが吹けないという症状で入庫しました。
診断では、4シリンダーのミスファイアとなっております。
しかし今回は全シリンダーともに問題なくスパークしておりインジェクターの故障と断定します。

詳しくみる

1シリーズ 3シリーズ E87 E82 E88 118i 120i E90 E91 E92 エンジン警告灯 バルブトロニックモーター エキセントリックシャフトセンサー

エンジンの警告灯が点灯「エンジンの吹けが悪い」との事で入庫しました。
診断ではBMW独自のバルブトロニックに採用しているVVTサーボモーターとエキセントリックシャフトセンサーのエラーがございました。

詳しくみる

E87 E82 E88 E90 E91 E92 E84 X1 バキュームポンプ オイル漏れ オーバーホール修理

バキュームポンプからのエンジンオイル漏れです。カムシャフトに直結するかたちでエンジン後方に装着されております。

詳しくみる

MINI R50 R52 R53 パワステホース パワステポンプ 交換

電動パワステポンプの異音で入庫いたしました。
パワステポンプ周辺はオイル漏れもあるようです。

詳しくみる

E60 M5 E63 E64 M6 V10 S85 スロットルアクチュエーター 交換

エンジンの吹けが悪く、アイドリング時にエンストもするとの事でした。
点検の結果、スロットルアクチュエーターモーターの故障と判明しました。

詳しくみる

MINI R56 R55 R57 R58 R59 R60 R61 クーパーS 高圧ポンプ ハイプレッシャーポンプ 交換

エンジンの出力低下で吹けなくなる症状で入庫いたしました。
診断機での点検結果ではハイプレッシャーポンプ(高圧燃料ポンプ)の故障と診断いたしました。

詳しくみる

E36 E46 M43エンジン オイル漏れ

エンジンとオイルエレメントケースの接続部、チェーンケース回りよりオイル漏れが発生しております。

水回りも含めて整備することになりました。

E36/E46など直4 M43エンジンではオイル漏れの定番箇所となります。

詳しくみる

E90 エンジン不調 修理

アイドリング不調、中高回転が吹けないという症状で入庫しました。

診断機で検査しましたが特に異常は見当たらず、燃圧も正常な為、エンジン本体を点検いたしました。

過去の整備履歴は、正規ディーラーさんでフルメンテナンスを行っていたようですが、

エンジンオイル(ロングライフ)を点検するとかなりドロドロ状態でした・・・。

詳しくみる

E36 328i エンジン載せ換え

「エンジン本体より異音がする」との事で入庫いたしました。

油圧調整タペット・バノス(可変バルブタイミング機構)からの音ではなく、エンジンの回転変動とは無関係に、タイミングチェーン付近から異音が発生しております。

ラジエター・補記類一式・オイルを抜いてからオイルパンも脱着します。

詳しくみる

E87系 E90系 4気筒 バキュームポンプ ソレノイドバルブ オイル漏れ

エンジンオイル漏れがバキュームポンプ(ブレーキブースターの負圧用ポンプ)とソレノイドバルブ(VANOS制御バルブ)周辺より確認できました。

N42 N46エンジンでは定番のオイル漏れ箇所となります。

詳しくみる

BMW 水回り系

E87 E90 E91 E92 E60 E61 E63 E85 Z4 E83 X3 N52エンジン 電動ウォーターポンプ+サーモスタット

直6ガソリン/N52エンジンの電動ウォーターポンプの故障です。
エンジンの冷却を全て電子制御で行っており、必要に応じた回転数を制御しポンプに信号を伝達しております。

詳しくみる

E85 E86 Z4 冷却水ライン(LLCライン) 一式交換

定期的にクーラントLOWレベルの警告灯が点灯するとの事で入庫しました。
冷却水循環ラインの圧力テストを行った結果、リザーバータンクより漏れが確認できました。

詳しくみる

E36 E46 E39 M54エンジン ウォーターポンプ サーモスタット ラジエター 交換

E36 E46 320i 323i 325i 330i E39 525i 528i 530i などの直列6気筒 M54エンジンの水まわりは同じ構造になっております。今回の作業車はE39となります

FANカップリングを脱着するには32ミリの専用スパナーにてナットを向かって右方向に緩めてシュラウドと一緒に脱着いたします。サブタンクを脱着します。

アッパー・ロアホース及び補助ウォーターポンプの接続ホースを外してからラジエターを脱着します。

詳しくみる

E39 E38 V8 M62エンジン 冷却水漏れ

E39 E38などV8 M62エンジンの冷却水漏れを含む、ラジエター・ウォーターポンプ・サーモスタットの修理です。 
LLC漏れは、ATミッションの上部左側に微妙な漏れ跡を発見したしました。

ファン、シュラウド、アッパー・ロアホース、ラジエター、サブタンク、インマニ側のベローズを脱着します。

(ウォーターホース・サブタンクは交換済みとのことなので今回は保留にいたします)

詳しくみる

E46 318i N42エンジン 水漏れ修理

E46 318i 冷却水漏れの修理です。

ラジエターのサブタンク周辺とエンジンのリア側の接続ピースからのクーラント漏れを確認し点検した結果、水まわりが全体的に劣化しており今後も安心して維持していくことを考慮して一式交換することにいたしました。

詳しくみる

BMW AT・ミッション系

E83 X3 ATトランスミッション 故障

出先でいきなりリバースに入らなくなってしまいレッカーでディーラーさんに持ち込んだところ、ATミッション交換と診断されたが、再確認の為に弊社に入庫いたしました。

詳しくみる

E87系 E90系 E60系 ZF 6HP19Z ATオイルパン交換

ATオイルパンのパッキンより定番のオイル漏れが発生しておりました。

パッキン単体での部品供給もありますが、ストレーナーがオイルパンと一体となりますのでオイルパンASSYで交換いたします。

詳しくみる

E36 M3 E46 330i M3 SMG クラッチ・フライホイール交換 OH

変速・リバース不良です。

テスターで診断いたしましたが特にエラー信号は見当たらない為、SMG本体を点検いたします。

マフラー・プロペラシャフト・インシュレーターを脱着します。

詳しくみる

E34 E32 リビルトトランスミッション交換

1980年~1990年初期に搭載されているZF製の4HP-22のオートマミッションです。

主にE28・E24・E34・E32などに積まれており、比較的トラブルの多いトランスミッションです。

今回はお客様のご希望によりオーバーホールではなく、メーカー取りのトルクコンバーター付「リビルトミッション」へ交換いたします。

詳しくみる

E39 「TRANS FAIL-SAFE PROG」警告 3速固定

ディフェクト(テスター)の結果、AT本体のセンサー故障と診断いたしました。

ATFを抜いた後、オイルパン・バルブボディーを取り外します。

詳しくみる

BMW エアコン・電装系

エアバッグ警告灯 点灯 エアバッグコントロールユニット

エアバッグの警告灯が点灯した症状です。
もちろんこのままでは車検がとおりません。

詳しくみる

E90 E91 E92 E93 エアバッグ警告灯 着座センサーマット 交換

エアバッグの警告灯が点灯、これでは車検はとおりません。

詳しくみる

1シリーズ F20 トランクハッチ トランクロック 故障

トランクハッチが開閉トラブルです。

詳しくみる

E60 トランク開閉警告灯 点灯 配線修理

トランクを確実に閉めているのに警告灯が点灯しています。

詳しくみる

ラムダセンサー O2センサー 交換

ラムダセンサー(02センサー)とは、排気ガス中の酸素濃度を検出し、空燃比を感知して電子制御燃料噴射をコントロールするセンサーです。

故障すると、一般的に「リーン・リッチ」を繰り返してハンチングしたり、エンジン・アイドリング不調、燃費悪化などの症状が発生いたします。

詳しくみる

E87 E82 E88 E90 E91 E92 E93 E60 E61 F10 F11 E85 E86 Z4 ドアロック修理

ドアロックが効かない、ドアロック不良、ヒューズが切れるなどの症状は、ドアロック本体不良の場合がございます。

ドア内張りを取り外し、外側のドアハンドルを脱着します。

詳しくみる

ヒーターバルブ ウォーターバルブ 故障 交換

ヒーターバルブか故障すると暖房が弱い、暖かくならない、噴出し口の左右に温度差があるなどの他、水漏れなどの症状が発生いたします。

真冬は寒さに凍えてしまいますので交換いたしましょう。

現車はE39ですが、グレードを問わず全シリーズで故障いたします。

詳しくみる

E36 Z3 エバポレーター エキスパンションバルブ 交換

エバポレーターからのガス漏れ修理です。

Z3の場合グローブBOXを取り外すとヒーターケースが簡単に見つかります。

グレードによりダッシュボードを脱着しないと外せない場合がございます。

詳しくみる

E36 M3 エアコンコンプレッサー交換

コンプレッサーより異音の為、点検いたしました。

ベルトを取り外して点検してみると、エアコンプーリー(マグネットクラッチ)のベアリングが磨耗してガタが発生しておりました。

取り付けは故障した純正コンプレッサーのホース接続部のフランジを取り外し、新しいコンプレッサーに移植してから装着いたします。

詳しくみる

E60 エキスパンションバルブ ドライヤー 交換

エアコン作動して最初は冷えるが、直ぐに冷えなくなる症状です。

マニホールドゲージで確認すると、高圧が高く低圧が極端に低い為、配管の詰まりだと断定し、エキスパンションバルブとレシーバードライヤー(レシーバータンク・リキッドタンク)を交換いたします。

エキパンはダッシュパネルの右側にあり、低圧ホースを辿ってパネルを取り外して脱着します。

詳しくみる

BMW 足周り・ブレーキ系

E87 E82 E88 E90 E91 E92 E93 E84 X1 テンションロッド スラストアーム 交換

フロントテンションロッドブッシュからのオイル漏れです。
テンションロッド(ストラットロッド)とは、ホイール前後方向の動きをコントロールするサスペンションロッドです。
BMWでは、プルストラット・アッパーアームとも呼ばれてます。

詳しくみる

E28 E24ブレーキブースター・アキュムレーター 交換

ブレーキの効きが悪い・踏みしろが深いなど。
E28・E24などのブレーキはPSポンプの油圧と連動しておりますので油温が上昇しすぎるとキャリパー固着などの症状も発生いたします。

現車は他社様で数ヶ月前にマスターシリンダーを交換したが完治しないということでした。
当店では通常マスターシリンダー・ブースター・アキュムレーターの同時交換をお奨めしております。

詳しくみる

E30 E36 E46 E90 E39 E38 X3 Z4 ショックアブソーバー交換

E36ショックアブソーバーよりオイル漏れが発生しており、減衰力が低下した状態です。

ショックアブソーバーが劣化すると、乗り心地・直進性の悪化、ハンドリング・ ブレーキング時の不安定な拳動などの症状が現れます。

詳しくみる

5シリーズ E60 E61 ショックアブソーバー 交換

550i Mスポーツツーリングワゴンのショックアブソーバーのリフレッシュです。
フロントのショック本体を止めているスタビリンクとナックルを接続しているホルダー部分のボルトを外します。

詳しくみる

E53 X5 エアサス交換 エアーサスペンション交換

E53 X5のエアサス不良です。
エアサス装備の車輌はエアー漏れの他、コンプレッサー(エアー供給システム)やECU(コントロールユニット)の故障などもあり、その場合は制御不能になることもございます。

詳しくみる

E39 フロントアッパーアーム・リアアッパーコントロールアーム・ボールジョイントブッシュ 交換

フロントテンションロッドのブッシュ切れ、ロアアームのブーツ切れです。
現車のブッシュは内部のオイルが完全に抜けてゴムが切れており、かなり劣化した状態です。
軽くブレーキングするだけでガクガクと車体全体がブレる状態でした。

詳しくみる

E30 E36 E46 リアハブベアリング 交換

リアのハブベアリングが磨耗すると、走行中に「グォー・ゴォー」といった異音、又は異音を伴った振動が発生いたします。
「ウォンウォン・グォングォン」などはタイヤの変磨耗によるロードノイズが多いようです。
現車は、リフトアップしてタイヤを手動で回転させるとゴリゴリと異音がいたしました。
最初にブレーキローター・ブレーキキャリパー・ドライブシャフトを脱着いたします。

詳しくみる

E36 E46 M3 リアトレーディングアームブッシュ 交換

高速走行でリアが振られるとの事で点検いたしました。
トレーリングアーム式サスペンションに使用されているメインのブッシュが劣化が原因でした。

詳しくみる

E46 ロアコントロールアームブッシュ 交換

足回りがふらつく・安定しない・異音がする・ブレーキング時にガクンガクンするなどの症状は、ロアアームブッシュのへたりが考えられます。

E36 E46などの定期交換部品です。取り外したブッシュは切れてオイルが完全に抜けており、カラーの部分に錆が発生するほどの状態でした。

詳しくみる

BMW 車検整備・消耗品

E36 E46 E90 E39 E60 E38 ベルトテンショナー・テンションローラー

「キュルキュル・ シャカシャカ」と異音が発生する場合は、FANベルトやエアコンベルトのテンショナープーリー・テンションローラー・テンションプーリーの場合が多いようです。

放置すると次第にプーリーがロックしたり破損してしまい、ベルトが切れてしまいます・・・。

詳しくみる

E36 E46 E90 E39 パワーウィンドウレギュレーター モーター 修理

E46のPWの故障です。
PWを頻繁に使用するしないにかかわらず故障してしまう定番箇所となります。

ドア内張り・エアバッグモジュールを脱着します。

詳しくみる

アルミホイール修理

アルミホイールのリムキズ・修理も承っております。

数日のお預かりで完了いたしますので整備ついでに如何でしょうか?!
1本 15,000円~ 特価にて!!

詳しくみる

E36 セダン・クーペ 外装・ゴムモール類

BMWフードエンブレム(ボンネットエンブレム)はグレードを問わず劣化する消耗品です。
洗車時に表面が剥がれたり、ロゴが変色してきたら交換いたしましょう。

社外品は、寿命が短いので弊社では、純正品をお奨めいたします。

詳しくみる

ルーフライニング・天井内張交換

BMWの天井の内張りは経年劣化で剥がれたり弛んだりいたします。
垂れ下がった状態で我慢したり、ホチキス・ガビョウで止めて、接着剤で貼り付けたり、対処法はさまざまのようですが、やはり張替えがいいですね!
一度、天張を外してから張替えます。納期は5日程度です。

詳しくみる

E46 ヘッドライトレンズ交換

E46のヘッドライトのレンズは経年劣化でくすんだり、曇ったりいたします。
ヘッドライトレンズの部品供給がございますので、交換すると新品同様のヘッドライトのように輝きます。
BMWの他グレードのレンズも劣化しますが、レンズ単体での供給がない為、ヘッドライトASSYで対応いたします。

詳しくみる

車検24ヶ月定期点検・12ヶ月点検

当社では愛車の車検24ヶ月法定点検を実施し、定期交換部品の交換、
エンジン及びブレーキ各部の調整等を行い、安心・快適性をご提供いたします。
まず最初に入庫した車両は、テスターにて診断を行います。
目視では確認できない電子的な隠れた不具合が発見できます。

詳しくみる

BMW キャンペーン

E39 冷却ラインキャンペーン

E46 足回りキャンペーン

ショックアブソーバーキャンペーン

E46 E90 E91 E92 冷却ラインキャンペーン

ATFキャンペーン

スパークプラグ・イグニッションコイル キャンペーン

ダストレスブレーキパッド・ディスクローター キャンペーン

エスプリオートは車検・整備・修理・メンテナンスを行う
BMWに特化した認証整備工場です。

BMWのことなら何でもご相談ください。

東京都立川市にあるエスプリオートでは、
BMWを中心に部品パーツ販売、車検・整備、中古車販売を行っております。
厳選した品質重視のお車を更に徹底整備を施し、ご提供しております。