整備事例(詳細)

エスプリオートではお客様の要望に対して提案・アドバイスを行い、ご予算に応じた整備を行います。
豊富な部品在庫・最新テスターを駆使して
「超越した整備」を施しますので安心してお任せください。

BMW 車検整備・消耗品

車検24ヶ月定期点検・12ヶ月点検

当社では愛車の車検24ヶ月法定点検を実施し、定期交換部品の交換、
エンジン及びブレーキ各部の調整等を行い、安心・快適性をご提供いたします。
まず最初に入庫した車両は、テスターにて診断を行います。
目視では確認できない電子的な隠れた不具合が発見できます。

消耗品の点検・交換及びシャシ各部の締付・調整・洗浄を行います。
現車のZ3Mはフロントガラスの中央部がワイパーで綺麗にはけないとの事でした。
ワイパーアームのスプリングがへたっていたので、ブレードと一緒に取替えます。

タイヤの点検・空気圧調整・溝の測定を行います。
安全確保の為、タイヤのスリップラインが出る前に交換となります。

ブレーキの点検、パット残量の確認、サイドブレーキ調整を行い、ブレーキフールド(ブレーキ液)を交換いたします。

ブレーキフールドは経年劣化で吸湿による変色、沸点の低下が発生しますので定期的に交換する必要があります。

当社では、純正採用されている屈指のブレーキメーカー「HELLA PAGID」製のDOT4ブレーキオイルを使用しております。
安全にかかわる箇所なので信頼のブレーキブランドをお奨めします。

エンジンオイルの点検・交換です。
ロングライフのエンジンオイルを使用している場合は、1年以上エンジンオイルの交換を行っていないことになり、スラッジ・ワニスが蓄積している事があります。

そうなると気密性・潤滑の低下となりエンジンの消耗を早めることになります。
新油は洗浄効果もありますので早めのオイル交換をお奨めします。
オイルエレメント(オイルフィルター)も同時に取替えましょう。

各オイル漏れの点検で、バノス本体のカバーより漏れが発生しておりましたのでガスケットを交換いたします。

リアハッチのダンパーがへたっておりましたので取替えます。

スパークプラグの点検です。
ダイレクトイグニッションコイルを取り外しプラグを脱着します。
若干くすぶりぎみな為、新品に取り替えました。
今回はお客様のご要望で新車時と変わらぬフィーリングを維持するという意味もありBMW純正品を選択いたしました。

定番のロアコントロールアーム・ロアアームブッシュの点検です。
弊社特有の点検方法でコントロールアームのボールジョイント及びブッシュの弾力・ヘタリの程度を調べます。
今回はロアコンブッシュのみ取り替える事になりました。
ブッシュはアームからブラケットごと引き抜き、プレスで圧入して交換いたします。
ブッシュにガタがある状態で維持すると次第にコントロールアームにへたりが進行してしまいます。

プロペラシャフトのディスクジョイントにクラック(ヒビ)がありました。
へたると駆動伝達の妨げとなりますので早めの交換が必要です。
交換にはマフラーとプロペラシャフトの一部を脱着しますが、
その際にプロペラシャフトのセンターベアリングも点検しておきます。

年式と走行距離を考慮して水回りを整備いたします。
ラジエター・ウォーターポンプ・サーモスタット・ホースなど。
ベルト脱着の際に、テンショナー・テンションプーリーに異音・ガタ・オイル漏れがないかを点検し、必要に応じて交換いたします。

今回はプーリーのみ「RUVILLE/INA」製、その他はは純正品を装着いたしました。
純正品でも多少の御値引きをさせて頂き、ご提供させて頂いております。

排ガステスターにてHC CO濃度が基準値であることを点検します。
基準値外の場合は、触媒やO2センサーなどのセンサー異常、2次エアーの吸込み、エンジン燃焼率・点火系の異常が考えられます。
今回はプラグの交換を行ったこともあり基準値内、クリーンな排気ガスでした。

納車時には、内外装を清掃、最終チェックを行い、メンテナンス内容を記入した整備記録簿を提示いたします。
車検は、満了日の1ヶ月前よりお受けできますので、諸費用や代車の手配など、事前にお電話・メールにてお問合せ下さい。車検の御見積も承ります。

エスプリオートは車検・整備・修理・メンテナンスを行う
BMWに特化した認証整備工場です。

BMWのことなら何でもご相談ください。

東京都立川市にあるエスプリオートでは、
BMWを中心に部品パーツ販売、車検・整備、中古車販売を行っております。
厳選した品質重視のお車を更に徹底整備を施し、ご提供しております。