整備事例(詳細)

エスプリオートではお客様の要望に対して提案・アドバイスを行い、ご予算に応じた整備を行います。
豊富な部品在庫・最新テスターを駆使して
「超越した整備」を施しますので安心してお任せください。

BMW 水回り系

E46 318i N42エンジン 水漏れ修理

E46 318i 冷却水漏れの修理です。

ラジエターのサブタンク周辺とエンジンのリア側の接続ピースからのクーラント漏れを確認し点検した結果、水まわりが全体的に劣化しており今後も安心して維持していくことを考慮して一式交換することにいたしました。

冷却水を抜いてから、ATF冷却用のヒートエクスチェンジャーを脱着し、サブタンクを真上に強く引き抜きます。

タンクとラジエターの間にATF冷却用のサーモスタットがありますが、このサーモスタットがプラスチック素材の為、タンクを外す際にバラバラになってしまうのでこちらも同時交換となります。

サブタンクは純正品がお奨めです。弊社ではE46はCOOLXPERT製でご案内しておりますが、中身は純正OEM品となりますので純正同等品質となります。

社外品はタンクの上部・下部の圧着が粗悪なものが多く、タンク本体の全長が純正品と比較して長くなる為、装着時に各接続部にストレスがかかり直ぐに漏れが再発したり破裂したりします。

次にラジエターを脱着いたします。

左の画像が水漏れしていた接続ピースです。

ウォーターホースとの接続ピース・フランジはエンジンに3箇所ついており、経年劣化で漏れたり折れたりしますので同時に交換いたします。

サーモスタットは前兆なく固着する場合があり、即オーバーヒートになる可能性がございます。

ウォーターポンプはベアリングの「ゴロゴロ」音や軸のガタで点検時に不具合を見つけることもできますが、早めの点検・交換をお奨めいたします。

エスプリオートは車検・整備・修理・メンテナンスを行う
BMWに特化した認証整備工場です。

BMWのことなら何でもご相談ください。

東京都立川市にあるエスプリオートでは、
BMWを中心に部品パーツ販売、車検・整備、中古車販売を行っております。
厳選した品質重視のお車を更に徹底整備を施し、ご提供しております。