整備事例(詳細)

エスプリオートではお客様の要望に対して提案・アドバイスを行い、ご予算に応じた整備を行います。
豊富な部品在庫・最新テスターを駆使して
「超越した整備」を施しますので安心してお任せください。

BMW エアコン・電装系

E60 エキスパンションバルブ ドライヤー 交換

エアコン作動して最初は冷えるが、直ぐに冷えなくなる症状です。

マニホールドゲージで確認すると、高圧が高く低圧が極端に低い為、配管の詰まりだと断定し、エキスパンションバルブとレシーバードライヤー(レシーバータンク・リキッドタンク)を交換いたします。

エキパンはダッシュパネルの右側にあり、低圧ホースを辿ってパネルを取り外して脱着します。

E60のドライヤーはコンデンサー内部に組み込まれており、引き抜いて交換します。

レシーバードライヤーとは内部に乾燥剤が入っており、液体とガスを分離して、水分(湿気)・ゴミ除去の役割をしております。

ドライヤーが正常に機能していれば、エキパンやエバポレーターなどが詰まることはございません。

真空引きガスチャージを行います。

エンジン停止して、真空ポンプでラインを真空状態にしてから15分以上放置、漏れがないことを確認してからガスを充填します。

真空引きガスチャージをすることで、余分な水分を除去して、高密度のガスを充填することで「良く冷えるエアコン」になります。

エスプリオートは車検・整備・修理・メンテナンスを行う
BMWに特化した認証整備工場です。

BMWのことなら何でもご相談ください。

東京都立川市にあるエスプリオートでは、
BMWを中心に部品パーツ販売、車検・整備、中古車販売を行っております。
厳選した品質重視のお車を更に徹底整備を施し、ご提供しております。